耐震実験


実物大の住宅モデルで公開実験を実施

P&C-MJシステムの耐震性能を検証するため、2007年8月独立行政法人防災科学技術研究所(茨城県つくば市)にて、マスコミや大学教授など有識者立会いのもと、大勢の見学者に見守られながら、実物大の住宅モデルで耐震実験を行いました。



耐震実験の様子を動画でご覧頂けます

  

連続5回の巨大地震波にも耐え、驚異的な耐震性を実証
兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)・新潟県中越地震など、日本で発生した過去最大級の巨大地震の再現地震波を加振させ、建物が衝撃を受けた際の被害状況を検証。木材や金物の損傷もなく、計5回に及ぶ巨大地震波に対して倒壊しない強固な構造躯体であることが証明されました。

実験で加振した再現地震波

 
  構造 最大加速度 地震の名称 マグニチュード 震度
加振1回目 JMA神戸 NS成分 100% 818gal 1995年 兵庫県南部地震
(阪神淡路大震災)
7.3 6強
加振2回目 JMA川口 EW成分 100% 2036gal 2004年 新潟県中越地震 6.8 7
加振3回目 BCJ波レベル1 100% 207gal (財)日本建築センター
模擬地震波
加振4回目 JMA神戸 NS成分 110% 900gal 1995年 兵庫県南部地震
(阪神淡路大震災)1.1倍
加振5回目 JMA神戸 NS成分 100% 818gal 1995年 兵庫県南部地震
(阪神淡路大震災)
7.3 6強
  •  JMA神戸 NS成分 1995年1月17日 兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)の際、神戸海洋気象台で観測された南北方向の地震波。
  •  JMA川口 EW成分 2004年10月23日 新潟県中越地震の際、川口町観測地点で観測された東西方向の地震波。
  •  BCJ波レベル1 財団法人 日本建築センターの模擬地震波で、建築基準法で定める中地震程度の地震波。

P&C-MJシステムとは

木造軸組工法の高性能化と合理化・工業化を同時に実現するシステムで、「木造住宅合理化システム認定※」を取得した建築工法です。伝統的な木造軸組工法に、先進の技術と素材を融合させて地震や台風に負けない、安全で安心して快適に暮らすことができる理想の住まいを実現します。

※「木造住宅合理化システム認定」とは
木造住宅の受注・設計・生産・供給の合理化を推進し、良質な軸組木造住宅の振興をはかるため、(財)日本住宅・木材技術センターが、国土交通省の「建築物性能等認定事業登録規定に基づき、平成元年から実施している軸組木造住宅の合理化した生産供給システムを対象とする認定です。
認定番号:合理化S1204-09

工法の特徴

地震や台風などに強い
モノコック構造  金物工法  パネル化
熟練技術を必要としないシンプル施工
構造金物のプレセット  部材のパネル化・プレカット化
間取りを自由に変更できるスケルトン&インフィル
門型ラーメン工法  高倍率耐力壁
トータルコストの削減
工期短縮  現場廃棄物の削減  省力化
住宅引渡し後のクレームの減少
クロスの割れ・床鳴り・床の不陸・建具の不具合など




金物工法

木材の欠損部が極めて小さく、高い接合強度
金物工法は、従来の木造仕口・継手を金物接合に置き換えて構造材を緊結する工法です。従来の木造軸組工法に比べ、木材の接合部の断面欠損は約1/4。断面欠損を最小限に抑えられるので、約1.5倍の接合強度を実現。公的機関による科学的な強度試験で、安全性を実証しています。




パネル工法


壁・床が構造躯体と一体化した強固なモノコック構造
躯体全体をひとつの箱にしたモノコック構造にすることにより、壁・床が軸(構造躯体)と一体化した面となり、外力を壁面全体で受け止めバランスよく分散、軸の接合部への力の集中を緩和させ、変形しにくい優れた耐震・耐風性能が得られます。

耐震性・断熱性・施工性に優れた『壁パネル』
壁パネルは、施工方法、断熱方法、現場状況等を考慮【真壁納まりタイプ】
断熱材は、断熱地域区分毎に必要とされる厚みの断熱材を壁パネルに取り付けてありますので、優れた断熱性能を発揮します。また、工期を大幅に短縮でき、現場での施工手間を削減、現場廃棄物も低減します。


■ 真壁パネル

柱間に納まる真壁パネルは、外部足場と建物の間隔を気にすることなく室内側から取り付けられ、施工性に優れたパネルです。

水平剛性に優れた『床パネル』
床面は、グリッド(格子)状に床組みして、床パネル(厚物構造用合板)を直接打ち付けた剛性床とします。床パネルが床全面に緊密に張られ、構造躯体と一体化するので建物のねじれや歪みを防ぎ、優れた水平剛性を発揮します。また、あらかじめプレカットされた床パネルを柱立ての前に先行施工するプラットフォーム工法なので、足場を確保し安全かつ効率よく作業がおこなえます。

床組み施工        床断熱材施工       床パネル施工

断熱性・施工性に優れた『床断熱材』
床の断熱材は、土台・大引き間に隙間なく納まるように、あらかじめプレカットして出荷。
1棟毎、邸別にプレカットされているので、工期の短縮、及び現場廃棄物を低減します。


断熱性・施工性に優れた『通気屋根パネル』
野地合板と断熱材を一体化して、パネル内部で屋根通気を可能にしました。 1棟毎、邸別にプレカットされているので、工期を大幅に短縮でき、足場が悪く危険な高所作業を軽減できます。勾配天井も容易で、小屋裏空間の有効利用が可能になります。


天井裏に熱気がこもってしまう一般的な断熱方法と、通気屋根パネルの家なら、最大で20℃以上も屋根裏の温度が違います。


構造用集成材


強度性能が明確

集成材は、木材を挽き板にして天然木の欠点である大節・割れ等を取り除き、接着積層することにより品質を均一化し、強度性能を高めました。強度・品質等が明確に表示できます。 ※構造用集成材の強度性能(曲げ・圧縮・引っ張り等)は、集成材の種類、樹種により規格基準が定められています。

寸法精度が高く狂いが少ない
生き物である木は50~20%の水分を含んでいるため、乾燥が不十分だと強度の低下、反り・割れ等が生じてしまいます。JAS認定の集成材用木材は天然乾燥に加え、更に乾燥装置によって木の細胞膜中の水分まで放出させ、含水率を15%以下に落として、反り・割れを防いでいます。収縮・変形が少ないので、クロス割れ・床鳴り・床の不陸・建具の不具合等を減少させます

断熱性能・調湿能力に優れている
木は熱伝導率が最も低い建築材料で、鉄に比べると熱伝導率は約1/200、コンクリートの約1/4の低さであり、調湿能力は柱1本(3m×10cm角)で一升瓶1本分の水分を出し入れできるといわれています。鉄骨やコンクリートが結露しても、木が結露することは殆どありません。断熱性能に優れ夏は涼しく、冬は暖かく、湿度の高い梅雨時は水分を吸収してくれる等、日本の気候風土に最適な材料と言えます。

鉄・コンクリートより強く、建物の軽量化が可能
単位重量当りの強度を比較すると、引っ張り強度で鉄の約4倍、圧縮強度でコンクリートの約5倍の強度が木にはあります。そのため、建物重量は他の構造と比べると大幅に軽量化でき、基礎の建築コストを抑えることが可能です。

表面が焦げても炭化層が燃焼をストップ
木材は、表面が焦げても炭化層ができて酸素の供給を遮断し、1,000℃以上になっても燃え難くなります。炭化層の熱伝導率は、炭化層になる前の1/2~1/3程度です。木造建築物は、崩れるのに時間が掛かるのに対し、鉄はいかに断面を大きくしても1,000℃でグニャリと軟化してしまいます。


曲げ強度試験


木材乾燥機







建築過程


伝統的な木造軸組工法の高性能化と合理化・工業化を徹底的に追求した「P&C-MJシステム」

構造躯体は、CADで設計されたデータを基に、コンピューター制御の加工機械で工場生産さるので加工精度がアップします。
接合金物は、あらかじめ工場で取付け済みなので、建築現場での金物取付けミスを防ぎ、搬入と同時に施工が可能です。
熟練技術を必要としないシンプルな施工方法(省施工)なので工期を短縮できます。
また、現場廃棄物も大幅に削減でき、トータルコストの削減を実現しました。

基礎工事

基礎パッキン取付け

柱脚金物取付け

土台・大引き施工

床断熱材施工

1階床パネル施工

1階柱建て

2階床梁施工

2階床パネル施工

2階柱建て

小屋梁施工

小屋組施工

1階壁パネル施工

2階壁パネル施工

内部耐力壁パネル施工

屋根垂木施工

野地合板施工

構造躯体 完成

地震、台風などの自然災害を恐れることなく安心して永く快適に住める家造りを
コンセプトに開発した住宅向けの建築工法。

SUB MENU

有限会社エスティー
愛知県豊田市水源町2-22-146
TEL:0565-25-1108
FAX:0565-25-1106

愛知の新築一戸建てから
大小リフォームまで
エスティーホームにお任せください!